”いりこ”とパンとスペイン帰りのカルロス


私も長いことパン屋やってると(そんなに長く無いけど、、)、
そりゃ、パンにはいろいろ入れたことありますよ。
レーズンとか、クルミあたり、
まだまだ子どもです。
栗とか、チョコとか、
まだ青いです。
今回私、
さかな入れさせていただきます。
ありがとうございます!
瀬戸内の私共には馴染み深い、
”いりこ”
を入れさせていただきます。
今、皆様の脳裏を当ててみましょう。
「生臭いだろ!」
しかし、
これが、
ちがうんです。
香川の「やまくに」のいりこ、
とにかく、香ばしい。旨味いっぱい。
生臭さがゼロなのです。
かといって、
「ああ、かあちゃんの作った味噌汁飲みてえなあ」
という、
『味噌汁の詩』by千昌夫、
という演歌調の感じではないのです!!
これをピタに練り込みまして、
それを2枚におろし(←解ります?)、
さらにイチョウ切りにしまして、
これを使いまして、
スペイン帰りの、
もともと国籍不明の、
カルロス(←日本人です)が、
いりこを使ったピンチョスにしてしまう、
という素敵で小洒落た、
ついつい隣の奥さんに自慢してしまいたくなるようなイベントを、
今週の日、月、火、
9月7日、8日、9日にやります。
場所は、「84」です!!
今、いりこが熱いです!
「日本人ならいりこだろ!」byラモス

deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

未来の食卓

やはり三歩進んで二歩下がるのだ

関連記事

  1. さかずきの季節

    春と言えば、卒業と入学。友との別れと新生活。3月のまだ肌寒い時に、感じた別れの寂しさは、…

  2. 味覚の宝石箱や〜の巻

    当分更新されていなかったブログが、昨日更新された。。。このあまりにも明らかなリーチ目にお気づき…

  3. ディスカバ・ジャパンの旅(5) 

    山梨のイケダワイナリーの池田さん、キザンワイナリーの土屋さん、長野の清水牧場さん、白骨温泉の方…

  4. モンゴルにいた頃、地質学の教授と、土壌の調査の旅にでた。カラカラに乾き、まばらに短い草が生…

  5. シュトーレンはイワシ缶と一緒にやってくる

    もう20年も前、東京で大学生活を送っていた頃、実家から届いた段ボール箱を開けると、…

  6. 2014年はウマ年だけに馬と旅にでたい

    あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。さて、今年はどんな年にしようか…

  7. 夏休みのお知らせです

    10年前に買ったパンの本を、ずっと今でも読み続けています。この本、ウソは書いてないけれど、多…

  8. 仲間が必要です

    1日から、大学の時の部活の仲間と、京都、琵琶湖の旅にでた。10年ぶりに会っても、昨日まで普通…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP