未来の食卓


フランスの映画、
「未来の食卓」
観ました。
僕は、
一昨年フランスで住んでみて、
日本の5杯も10倍も質の良い物を食べている国だと感じました。
この映画を見た人は解ると思いますが、
そのフランスでさえ、
自給率100%超の農業国でさえ(農薬の問題は、だからの部分もあるけれど)、
食卓に革命を起こさないといけない事態になっています。
いわんや、日本をや。
パン屋の自分が言うのもなんですが、
別にパンを食べなくてもいい。
米食べても、
麺食べてもいい。
もう、
和食、洋食どっち食べてもいい。
巷では、小麦がどうとか、米はああだとか、何が良いとか、どの品種がいいだの悪いだの、
偉そうなことを言っているけれど、
どれがいいとか言っている場合ではない。
(そもそも選択肢もない。情報を得られる大人ならそんなことは解ってほしいというか。解ってよというか。解るでしょ普通。。)
それほど日本の食はよろしくない。
と昨年帰国した時感じました。
僕のそれ以来の仕事は、
とにかくも、
今の自分の中でmaxに真っ当なものを、
安くうること。
それだけに全力を注いでいます。
だから味とか関係無くなってきています。
とにかく、
別にパン食べなくていいから、
まっとうなものを食べてほしい。
まっとうなものを買ってほしい。
それは未来の食卓のため。
未来をになう子どものため。
食が一番の環境問題です。
身体の問題で、待ったなしの問題です。
ここに本気になれば、
というか、人間弱いので、
本気になれるのは、
自分の身体と家族の身体の問題だけなのです。実は。
(自分が長年環境問題に関わった結論です。)
でもそれが、
きっといろんな問題に芋づる式につながっていくはずです。
観ていない人はぜひ観てください。
一緒に変えましょう!
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ずっとこういう旅がしたかった

”いりこ”とパンとスペイン帰りのカルロス

関連記事

  1. 再びフランス大使館へ

    始発の新幹線に乗り。東京広尾のフランス大使館に着いたのは、11時。窓口では運悪く、怖そうな人…

  2. わたしが牛だったなら

    車の助手席から農村風景を眺めていた。トウモロコシ畑があり、収穫されたばかりなのか、半分は赤茶…

  3. セルジュさんの石窯(3)

    セルジュさんのパン作りに触れさせてもらって、これでいいのだ!と思えた。一見すると、すごく手…

  4. 王様ゲームの日

    フランスの1月6日は、ガレットデロワというタルトを食べる日です。中に一つフェーブ(陶器のおもちゃ…

  5. 思い出シリーズ

    【思い出シリーズ】なんだかんだと更新怠り気味でございます。もうだいぶん前12月23日のお話です。…

  6. 正しいフランス式薪窯の使い方

    フランス式薪窯の使い方は、地理的に遠い為、取材する方もパンの専門家でないからか、とても誤解されて…

  7. ニシンのパイが焼けそうな石窯(Auberge paysanne)…

    「魔女の宅急便」にでてくるそのパイは、家の中の薪窯を燃やして、熾き火を奥へ押しやって、そこで…

  8. パリの地下鉄の治安の悪さはリンゴでキラキラ

    久しぶりにパリに来ているわけですが、最近治安が悪いという噂。とりわけ地下鉄はヤバいというので注意…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP