ピタパン、今週、だけだって。


私、日本のパンは、ピタだけでいい!と訴えるほどのピタ押しです。
なので、盲目的にピタを愛していたのですが、
先日、料理人の友人が作ったピタサンド(市販のピタパン使用)をほおばった時に思ったのです。
「あ、ピタ負けしている。」
注(ピタ負け=料理が魅力に溢れている時に、ピタが受け止めきれていない状況、または気持ち。)
例(すごい美人をつれている、しょうもない男を見た時。「あーあ、ピタ負けしてるなあ」)
ピタは、料理をバッチ来い!と受け止めるほど、
懐が深くないといけません。
ポケットが深いだけでは、片手落ちです。
その深さとは、
①麦の力(良い素材)
②発酵による旨味
③讃岐うどん並みの歯ごたえ
の相乗効果であるわけです。
だめだ、これではピタが誤解されてしまいます!!
というわけで、
良いピタをどんどん焼き広めたいのです。
もう、
ちょっとそこのピタ屋さん、と呼びとめられるぐらいで良いのです。
今週はピタフェアーなので、いっぱい焼いています。(研修生大場さんいるので。)
是非に。
来週からもやりたいんですけど、出来るかどうかはまだ未定です。(一人寂しい製造に戻るので。)涙
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

マルシェ、この手があったのか!

夏のカキパン祭り!

関連記事

  1. ドリアンのレシピー(基礎編)

      とにかく、手当たり次第、 いろんなものをミキサーにかけて、 ドロドロのぐちゃぐちゃに、 …

  2. 9月1日に広島空港で待ってても、、

    一昨日、地元の幼なじみOKDから電話があり、「仕事休んでフランス行きの見送りに行こうかと思うんじ…

  3. ワインとチーズとパンの会inポリポ

    今回はスペシャルということで、宮島口にあるナポリ料理「ポリポ」で行いました。「今回は、料理がす…

  4. 料理王国

    5年前、パン屋をはじめる直前。雑誌『料理王国』で、カンパーニュ特集をやっていた。それで見た…

  5. チーズの日スペシャル!

    いつもいつも、のっぴきならないタイミングの募集ですみません!!!しかも、今日は少しパンの仕込みミスっ…

  6. 花火

     花火を見に行った。 ボーと見ていると、 今までに見た花火を思い出した。 迫力に、見終わる頃に…

  7. インドの窯を見せてもらった

    インド料理を食べに行きました。インドのパンと言えば、”ナン”であります。薄く延ばした生地を、…

  8. 残ったパンとモンゴルとケンカ

    パン屋を始めたばかりの頃、モンゴル人の友人とケンカした。「何でパンを捨てるの?」「その日のし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP