市民球場と再会


広島市民球場。
小学生の頃、
土曜日のデーゲームに、幼なじみたちとよく通った。
外野ライト席から、
カープに声援を送ったのだ。
ビールを飲めるわけないし、
小遣いないから、
ウドンも、かき氷も買えない。
だから、
外野席中を走り回った。
疲れると、
一番涼しい最上段に登って外を眺めた。
週末の夕方特有のゆったりした空気の中、
道路を挟んだ隣には原爆ドームがあった。
当時の僕達には何の感傷もなかったけど、
原爆ドームは過去を忘れないため、
市民球場は未来を描くため、
とセットで設計されて立てられた、と大人になって知った。
僕らは偶然にその場所で、
憧れのスター選手を眺めながら、
自分たちの将来も明るいだろうな。
と根拠もない未来を描いていたのだ。
ワクワクすることには、そういう効能があるのだ。
あれから20年以上。
交通事故に会ってしまった友達や、
元気をなくしてしまった友達もいた。
僕も人並みに紆余曲折した。
みんな人生甘くないなと噛み締め歩いたのだ。
そして今日、
この市民球場の跡地に立ってパンを売っている。
あの頃の超楽観的に未来だけを見てた、
小学生の僕達に再会したような気がした。
皆さんも是非きてください。
ーーーーーーーーー
「地ビールフェスタ広島」
は今日までです!!
市民球場跡地で11時〜17時
いちじくのパンとカレンズ売ってます。
他にも旨いもの色々でてますよ。
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いちじくカレンズと同窓会

パンの穴から世界を見た⑪/気遣わない文化

関連記事

  1. 『旬遊』の表紙

    高校を卒業して上京し、そのままグルグル回り、10年ぶりに帰ってきた広島は、「広島も変わっちま…

  2. 限界を超えて、、、

    おかげさまで、中国新聞「旅するパン屋」の連載は、最終回を迎えました。皆様に、多くのメール、お…

  3. 飛行機と笑顔のパイロット

    知り合いのパン職人が亡くなった。今日、マルシェで接客していて、お客さんから聞いた。「彼は3年前に…

  4. あの時代よりは良い時代

    大河ドラマ、坂本龍馬が始まりますね。不景気&行き詰まり感のある現代と、幕末をだぶらせているのか…

  5. 前へ前へ

    いつも大切なものは、無くしてから気付く。いつもより暖かい春にとまどい、年老いた両親にとまどい…

  6. 旅ゆけば

    高校生の時、テレビを見てたら、インドに行った人が出ていて、「人生が変わった」と言っていた。…

  7. パン屋の胸騒ぎ

    朝から胸騒ぎがする。今日みたいな、シトシト雨の、ジットリする日に、ヤツは来る。「みんな騙…

  8. 影絵のお芝居

    影絵でキツネを作る。お隣の夫婦喧嘩も、商店街の賑わいも、難しい政治とかも、影絵のお芝居。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP