春はポジティブに走る


むしょうに走りたくなって、
春の雨の中を走った。
ピンクの傘。
おとうさんと小さい女の子が歩いていた。
女の子はトコトコ走っていっちゃって、
「傘に入らないとぬれちゃうよ」
と叱るおとうさん。
満開の桜の花は、
雨に打たれていたけれど、
意外なほどに粘って、枝にしがみついていた。
桜は散り際とはいうけれど、
いつでもぴゃーっと散ればいいというわけではない。
彼らはここぞという散り時を知っている。
そういえば、
桜が咲く前、
甥っ子が上京するというので飲んだ。
見送られる方よりも、
見送るほうが辛いもんだよ。
彼女大事にね。
といい忘れたけど、
世の中経験しないとわからない事が多い。
だから今でも、
”木綿のハンカチーフ♪”がラジオでかかる。
とにかくも、
みんな春になると、
”走りだす”
花が咲き、
時に風が吹き荒れ、
背中を押され、
もがきながら、走り去るように、移ろう季節。
それでいて、
その全体は、
ポジティブな空気で包まれている。。
そんな春にパンも旬をむかえます。
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

精肉店とモンゴルとやさしい共通点

いちじくカレンズと同窓会

関連記事

  1. 八丁堀店でパン眺めるといつもちょっとウルリとくる

    ↑2008年12月に書いた、新しく作る店(今の八丁堀店)のスケッチです。この時書いたブログを覚え…

  2. 見せるプレー

    明日10月5日(金)より、広島三越地下1階の、メゾン・ド・クロワッサン内に、ドリアンのパンコ…

  3. ホタルと松山千春、ときどき田中邦衛

    ホタルを見にきました。道中やはり、「ほたるぅ〜」と、北の国からの田中邦衛の真似をしてしまう。…

  4. ラベイユと初デートつながり

    三越フランスフェアでは、普段ではお会いできないような人と会える。今日は、有名なハチミツ専門店…

  5. ル・ジャルダン・グルマン

    「千の繰り返しを”鍛”として、 万の繰り返しを”錬”とする。 ”鍛錬”とはそういうものである」…

  6. 久しぶりですが。

    (写真はあんまり関係ありません。先日講師の村井さんとBBQした時のアユさんです)35回を迎えるに…

  7. アイデアと温泉と石窯

    僕は、風呂に入っている時に、アイデアが湧くことが多い。ということで、将来の進路に迷った23…

  8. カモン ベイビー!

     「石窯で焼く天然酵母パン-ドリアン」 うちのパン屋には、 なぜなんだか、 とにかく小さい子供…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP