春はポジティブに走る


むしょうに走りたくなって、
春の雨の中を走った。
ピンクの傘。
おとうさんと小さい女の子が歩いていた。
女の子はトコトコ走っていっちゃって、
「傘に入らないとぬれちゃうよ」
と叱るおとうさん。
満開の桜の花は、
雨に打たれていたけれど、
意外なほどに粘って、枝にしがみついていた。
桜は散り際とはいうけれど、
いつでもぴゃーっと散ればいいというわけではない。
彼らはここぞという散り時を知っている。
そういえば、
桜が咲く前、
甥っ子が上京するというので飲んだ。
見送られる方よりも、
見送るほうが辛いもんだよ。
彼女大事にね。
といい忘れたけど、
世の中経験しないとわからない事が多い。
だから今でも、
”木綿のハンカチーフ♪”がラジオでかかる。
とにかくも、
みんな春になると、
”走りだす”
花が咲き、
時に風が吹き荒れ、
背中を押され、
もがきながら、走り去るように、移ろう季節。
それでいて、
その全体は、
ポジティブな空気で包まれている。。
そんな春にパンも旬をむかえます。
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

精肉店とモンゴルとやさしい共通点

いちじくカレンズと同窓会

関連記事

  1. ドイツ、スイスへパン屋を見に行った

     大学生の頃、 ドイツ、スイスにパン屋を見にいったことがある。 その時ギャフンと痛感したのは。…

  2. 10年つづける

    学生時代、恩師のK先生は、「なんでも10年続けろ。 しがみついていたら、何処かにつながってい…

  3. 100年続くパンinカモシカ

    北海道から帰ったらすぐに東京へ行きます。そうなのです。オカズデザインさんの8月のカモシカ。そ…

  4. パーノ・オルガニカさん、ありがと〜

    日本で有機の素材でパン屋するのは、大変だと思います。日本は食料をほとんどよそから買っています。…

  5. 春にスペシウム光線

    昨日、電線の上で、小鳥がさえずっていた。春ですね。知られてないけど、小鳥は春にしかさえず…

  6. オーバーペースで走る

    今日は走らずにはいられない。夕方の川沿い。オーバーペースで恥ずかしいくらい息切らせ走った。案…

  7. 月の季節はタイミングが重要です

    昨日の夕暮れ、チンチン電車の走る大通りを、私はゆるゆる歩きました。空はくっきり、雲は高く浮…

  8. 料理王国

    5年前、パン屋をはじめる直前。雑誌『料理王国』で、カンパーニュ特集をやっていた。それで見た…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP