精肉店とモンゴルとやさしい共通点


(↑羊を解体中のバヤンムンフ君)
映画「ある精肉店のはなし」を見にいきました。
牛を自ら飼育して、
屠畜して、
肉として売るお肉屋さんのはなし。
肉に対して優しいな。
と思いました。
昔モンゴルに住んでた時に、
大きなヤク(毛の長い大きな牛みたいなのチベットによくいる)をさばくのを手伝ったことがある。
投げ縄で捕まえ、
大人5人ぐらいで引っ張っても、砂ぼこりをあげ、ずるずる引っ張られていく。
だんだん縄が首にしまり、
動きを止めるヤク。
そこへ遊牧民のリーダー格のベギーさんが、
ヤクの眉間にハンマーで一撃して、
すばやくナイフで心臓をさした。
血が湯気をあげて流れでた。
ゴフーと、
まるで大きな溜息のような、
魂が抜けるような音とともにヤクの体から力が抜けていった。
その音がとても記憶に残っている。
神々しい音だった。
ちょっと怖くなった。
それからみんなで皮をはぐ、
皮を剥ぐのは力も技術もいる大変な作業だ。
日が暮れて寒くなっても、
皆もくもくと、
車のライトを当てて作業は続いた。
女性たちは内蔵を洗っていた。
かれらは、
骨がピカピカになるまで肉をきれいに食べる。
捌くときには祈りをささげる。
捌くときには、
ヤクにしろ羊にしろ牛にしろ、
”生きたい!”
という思いが言葉は話せなくても伝わってくる。
力いっぱい振りほどこうともがく。
すまん、命をくれ!!
と拝むような心境で、
人はいろんな命を食べるのだと思う。
だから、優しくなる。
無駄にはできないな、と思うからだろう。
罪を知ってる人こそ優しい人なのかもしれない。
と、
今日の映画を見ていて、
精肉店のファミリーの優しい表情に、
そんなことを思い出しました。
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

八丁堀店でパン眺めるといつもちょっとウルリとくる

春はポジティブに走る

関連記事

  1. おいしい農業国

    パリから電車で20分も行くと、地平線まで一面の畑と牧草地が広がった。これが食料自給率120%を…

  2. 家具屋さんで刺激を受ける

    今日は「さしものかぐ たかはし」さんへ、端材を頂きに行きました。が、”さしもの”と聞いてもパ…

  3. パン屋は芸術家であるべきだ

      パン屋はとっても芸術家だ! と、 今日パンを石窯に入れながら、 ふと思った。 親バカ?以…

  4. 帰って来たワインとチーズとパンの会

    といいますか、講師、村井さんが、フランスから帰ってまいりました。気合も入って、テーマはヤギ…

  5. ふわりと抜け出す会

    ある人が言いました。自分をよく知るには、自分の中にいてはダメだ。ふわりと抜け出して、まるで…

  6. あこがれと現実

    材料はオーガニックですか?とよく聞かれます。僕はそんな時ちょっぴり切ない気持ちになってしまう…

  7. 久しぶりに山に行きました

    本当に、蜘蛛の巣が気持ち悪く、泥がきたなく感じて、アブにイライラし、ヘビにビビる。日常、全てがほ…

  8. 新聞連載はじまりました

    今朝の中国新聞の朝刊から、連載はじまりました。第1回は、「パンなんてなくなってしまえ!」幼…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP