八丁堀店でパン眺めるといつもちょっとウルリとくる


↑2008年12月に書いた、新しく作る店(今の八丁堀店)のスケッチです。
この時書いたブログを覚えている方は少ないでしょう。
まだ八丁堀店を作る前で、
菓子パンもやっていたし、
カンパーニュは一日3個ぐらいしか売れなかった。
八丁堀店をトンテンカンテンと自分とスタッフで手作りして、
菓子パンをやめた。
それからが大変だった。
スタッフも多かったし、
固いパンなんてそう売れないし。
あの手この手で、毎日試行錯誤。
でも、具の入ってないカンパーニュはやはりそんなに売れない。
その頃からの夢。
”カンパーニュだけでやっていける店になりたいな〜。”
それから6年経って、
今日その八丁堀店にパンを並べていたら、
具の入ってないパンがズラリと並んでいる。
この光景が見たくて、
6年前にあのスケッチを書いたんだった。
と、
ちょっとウルリとしてしまう。

長かった、苦しかった、遠かった、
できるもんなら逃げたかった。
でもそれがパン作りの鍛錬だったんだとも思います。
お客さまに本当に感謝しています。
この感謝は、
自分の100%と思える材料と製法で作って、
それが買ってもらえる。
ということ。
いいね!と言ってくれるお客さまがいること。
国産の良い粉使わせてもらって、
甘い系も国産のもの、オールジャパンで作らせてもらってる。
こんな職人冥利に尽きるパンを毎日毎日沢山焼かせて頂けるパン屋て、
他にないと思う。
贅沢な職場です。
だから全力投球できます!
迷いはゼロですもん。
全球ストレート勝負です!!
もっと良いパン焼きます。
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピタパン販促キャンペーン

精肉店とモンゴルとやさしい共通点

関連記事

  1. ワイン会楽しかったです

    今回のテーマは、トロトロチーズですので、村井先生はこの巨大なラクレットチーズを準備。(この写真…

  2. 住み分けて、ニッチな生活

     「いろんな◯◯◯で環境を考える-たきねる」 生物の世界は、 弱肉強食と思われがちだけど、 …

  3. キャンドルナイト

    モンゴルは停電の多い国だった。突然電気が消え、あわててロウソクに灯をともす。皆がその回りに集…

  4. タネの話をしましょう

    今日は、坂町にあるベーグル屋「禅ぱん」の折出さんに、パンの種をもらいに行ってきました。ボール…

  5. 青春野菜とパンタロン

    梶谷農園さんが、野菜を送ってくれた。マイクロベジタブル、というもので、色んな野菜の”芽”を…

  6. ディスカバ・ジャパンの旅(3) 白骨温泉編

    11年前の冬、私は、長野の山奥にある白骨温泉で、住み込みバイトをしていました。(写真は雪か…

  7. 知恵とはなんだろう

    知恵、大好きな言葉です。でも意外と知られていないのが、知恵とはなんぞや?というこ…

  8. 堀越店も、借りてくれる方募集!

    ドリアン堀越本店も、5月から1年間、借りて頂ける方を探しております。ご希望の方は、メール(h…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP