カンパと海と雑誌に載っけてもらえた話


例えば、
パンを買う、
そのパンは今だけ嬉しくなるためのパンなのか、
じんわりと後々を嬉しくするためのパンなのか、
確かに今は売れる、
フワフワにして、変わった具いっぱい入れて、安くて、手っ取り早く美味しい。
料理なんてしなくても、菓子パンにかぶりついていればいい。
でもそれは子どもたちを養ってくれるのか、次世代に渡せるものなのか。。
味覚を養い、食文化を磨いていけるものなのか。
例えば、
海が汚い。
その海は今だけ儲かるための海なのか、
じんわりと後々に儲けるための海なのか、
確かに今は儲かる、
埋め立てて工場作って、道路作って、水真っ黒にしてても、
車売っていればいい。
でもそれは子どもたちを養ってくれるのか、次世代に渡せるものなのか。。
きれいに戻って、自然の恵みが帰ってくるものなのか。
もし自分が何世代も後の子孫だったら、
ずるい、と思うだろう。
こんなに自分勝手で、
金儲けしか考えていない世代は今までいないのだ。
だからせめて、
自分の目の前のものぐらい、
真っ当なものを作りたい。
と、そんなことを思っているパン屋は、
カンパーニュを作る傾向にある。
なぜかはわからないけど、実際そうなのだからしょうがない。
パンフリークの方たちには有名なパン研究チーム”パンラボ”、
彼らの連載最終回は、
まるで当然でしょといわんばかりに、そんなカンパーニュだった。

全国7店のカンパが紹介されている記事はさすがな分析眼でした。
載せていただいたのはもちろん嬉しかったのだけど、
北海道の”ソーケシュ製パン”と一緒に載れたのが嬉しかった。
彼はパン屋はじめの頃、ドリアンに研修に来てくれて、
目指すところも同じ同志であるからだ。
南の広島と、北の北海道で挟んでしまったら、
オセロだったら、もう勝ちだ。
じんわり嬉しい型のパンがもっと増えればいい。

『パニック7ゴールド』3月号掲載
(↑ちなみに、パチンコ雑誌です。でもこのパンラボの連載はおそろしく本格はです。
 コンビニにもあるかな。)
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

フランスから学んだことはこれです

”京橋マルシェ談路”と天ぷら

関連記事

  1. 春の嵐。産みの苦しみ。

    ビュービューピュー。すごい風が吹き、冷たいみぞれが降っていた。木々の枝は折れ、風に飛ばされ…

  2. 歴史

    窯入れを失敗してしまう。石窯はどんどん冷えてくるので、また窯入れをし直すこともできない。生地を…

  3. 石釜でバケットを焼く

      石釜で焼くバケットを毎日試作している。 焼けども焼けども、 なかなかいいのはできない。 一…

  4. 中国新聞のコラムのその後(インド)

    今週の中国新聞の連載、インドの事を書きました。高2の時のインド一人旅。親が言いふらして、止め…

  5. 大掃除が仕事です

    今日は、年に一度の大掃除でした。朝から17時までかけて、スタッフみんなでお店を磨きました。寒い…

  6. お好み焼きと新聞と

    「そばの肉玉3つと、うどんの肉玉2つください!」子供の頃、お好み焼きは大抵お持ちかえりを買って…

  7. 17才のインド旅行

    「インドまでの飛行機チケットください。あ、往復で。」広島駅の向かいにある”JTB”は、13年前…

  8. 堀越店も、借りてくれる方募集!

    ドリアン堀越本店も、5月から1年間、借りて頂ける方を探しております。ご希望の方は、メール(h…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP