カンパと海と雑誌に載っけてもらえた話


例えば、
パンを買う、
そのパンは今だけ嬉しくなるためのパンなのか、
じんわりと後々を嬉しくするためのパンなのか、
確かに今は売れる、
フワフワにして、変わった具いっぱい入れて、安くて、手っ取り早く美味しい。
料理なんてしなくても、菓子パンにかぶりついていればいい。
でもそれは子どもたちを養ってくれるのか、次世代に渡せるものなのか。。
味覚を養い、食文化を磨いていけるものなのか。
例えば、
海が汚い。
その海は今だけ儲かるための海なのか、
じんわりと後々に儲けるための海なのか、
確かに今は儲かる、
埋め立てて工場作って、道路作って、水真っ黒にしてても、
車売っていればいい。
でもそれは子どもたちを養ってくれるのか、次世代に渡せるものなのか。。
きれいに戻って、自然の恵みが帰ってくるものなのか。
もし自分が何世代も後の子孫だったら、
ずるい、と思うだろう。
こんなに自分勝手で、
金儲けしか考えていない世代は今までいないのだ。
だからせめて、
自分の目の前のものぐらい、
真っ当なものを作りたい。
と、そんなことを思っているパン屋は、
カンパーニュを作る傾向にある。
なぜかはわからないけど、実際そうなのだからしょうがない。
パンフリークの方たちには有名なパン研究チーム”パンラボ”、
彼らの連載最終回は、
まるで当然でしょといわんばかりに、そんなカンパーニュだった。

全国7店のカンパが紹介されている記事はさすがな分析眼でした。
載せていただいたのはもちろん嬉しかったのだけど、
北海道の”ソーケシュ製パン”と一緒に載れたのが嬉しかった。
彼はパン屋はじめの頃、ドリアンに研修に来てくれて、
目指すところも同じ同志であるからだ。
南の広島と、北の北海道で挟んでしまったら、
オセロだったら、もう勝ちだ。
じんわり嬉しい型のパンがもっと増えればいい。

『パニック7ゴールド』3月号掲載
(↑ちなみに、パチンコ雑誌です。でもこのパンラボの連載はおそろしく本格はです。
 コンビニにもあるかな。)
deRienのfacebookページには載せきれなかった写真があります。是非みてください。
「石窯で焼く天然酵母パン/Boulangerie deRien」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

フランスから学んだことはこれです

”京橋マルシェ談路”と天ぷら

関連記事

  1. 作れないものは、壊してはいけない。

    作れないものは、壊してはいけない。だから、川を壊してはいけないし、山を壊してはいけない、…

  2. 結婚式

    小学生の頃からの友人が、昨日、結婚式を挙げた。薄暗い教会の祭壇で、まぶしい程の光に照らされた…

  3. バッティングセンターとパン屋の関係について

     ここ2ヶ月間、 ず〜と悶々とパンの試作、試作を繰り返してました。 バッティングセンターで、…

  4. 迷った時は

    大学生時代、私思いました。授業を受けるのもいい。図書館で本を読むのもいい。しかし、山でごろ…

  5. 山のようなパンを焼く

    私にとっての師匠は、山なのでした。忘れていました。先日、大阪から来てくださったお客さまが、…

  6. おすすめの本です!

    カーサ ブルータス特別編集『日本でいちばんおいしいもの。ーわざわざ行きたい、取り寄せたい!』と…

  7. コーヒー

     「石窯パンのドリアン」 先週行ったばかりなのに、 また「蛇舞加亭(じゃまいかてい)」に、 …

  8. ロケットペンシル理論

    この2ヶ月でパン教室10回させてもらいました。全て、レシピはオールフリー!どんどん大公開いた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP