捨てないパン屋7 「全力投球&笑顔で無視」

フランスにいた頃、
スーパーのレジで並んでいると、
レジの店員とお客が話し込む事がけっこうあった。
その後ろにびっしり他のお客が並んでいても二人は平気なのだ。
そして、後ろの人達は、何も文句も言わずに余裕の表情で並んでいる。

最初は不思議な光景に思えたけど、
だんだんと自然に感じてきた。

①レジの店員にとっては、
目の前のお客さんが、”今”のお客さん。
そこに全力投球なのだ。
焦るストレスも、急ぐストレスもない。

②お客にとっては、
今は自分のターン。
後ろの人を気にする必要もなく、
しっかり自分の要件を済ませ、会話し笑い、その時間を堪能できるのだ。

③待ってるお客にとっては、
自分のターンが来た時は、
自分もあんなふうに大事に扱ってもらえるんだ。
という安心感を得られるのだ。

みんなにとってノーストレスなのだ。

実際、
僕らは外国人なわけだけど、
目を見てしっかり挨拶をしてくれて、
今日は寒いわね、とかなんとか一言二言言ってくれて、
急いだり、焦ったりする素振りもなく、ゆうゆうと仕事をして、
良い一日を!
と笑顔で送り出してくれた。

気持ちが良い!

日本に帰ってから、スーパーのレジで、
「こんにちは!」と言ったらびっくりされた。
その後、いそいそとバーコードをピッピとして、ありがとうございました、
と言われたけど、流れ作業のありがとうございましたは、冷たく響くもの。

なんだか、
子供っぽい、と感じた。
大人気ない社会。。

だから、僕たちは帰国後、「目の前のお客さまに全力投球!」をかかげた。

店でレジに列ができたときも、
目の前のお客さんに全力投球。
常連さんだったら、一言二言話して、笑いあって、気持ちがこもった、ありがとうございました、を言おうと決めた。

その間に、誰かが「あのパンはどんなパンなん?」とか割り込んできても、笑顔で無視したり、「今はこのお客様の番なので」とお断りする。

もちろん、その人の番になったら、しっかり全力投球なのだから。

ネット店でも同じで、
メディアに出てしまったりして何百件の注文メールが来ようが、
いつも通りに定期購入のお客様とのやり取りを優先する。
その方たちは、いわば、ずっと並んでくれているわけだから、
当然、全力投球の対象だ。

その後で、注文メールを順番に対応する。
順番なので、当然返信が遅くなる人もでる。
イライラして、「いつ届くのよ!こんな店はじめてよ!」
というメールが届いたりしても、
僕たちは何も気にしない。

もし、顔が見えていたら、笑顔で無視したり、「今はこのお客様の番なので」とお断りするだろう。
実店舗での対応と同じことだから。

なぜだか、
みんなが急いでイライラしがち。
それはさらに伝染する。

どかかで誰かが断ち切って、
「急がなくてもいいんじゃない?」
て言うべきなのだ。

うわべだけの挨拶ならいらない。

すると、
お客さんに恵まれるようになる。
大人なお客さんが来てくれるようになる。
そんなふうにしてパンが残りにくくなっていく気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

捨てないパン屋6「捨てるかも、、捨てないパン屋の作り方」

捨てないパン屋8「新しさを捨てる」

関連記事

  1. 捨てないパン屋5「パンなんてなくなってしまえ」

    「パンなんてなくなってしまえ!」とずっと思っていた。実家はパン屋だったけど、小さい頃…

  2. 捨てないパン屋

    僕が唯一、ドリアンで誇りに思っていることは、パンを捨てないところ。例えば、昨…

  3. 捨てないパン屋8「新しさを捨てる」

    新しさを売りにする以上、必ずパンは捨てられる。それはお店自体も一緒だったりする。…

  4. 捨てないパン屋6「捨てるかも、、捨てないパン屋の作り方」

    すみません。いきなり捨てるかもしれません。。「捨てないパン屋」の記事が、朝日新聞に載…

  5. 捨てないパン屋3「ひつじのおかげ」

    パン屋になる前、モンゴルに住んでいた。草原で遊牧民と暮らした時の話。モンゴルのひつじのさ…

  6. 捨てないパン屋(付録)「パンを捨てないのは、飲むためです。」

    ”水曜日、地方発送の日に変わります。”「捨てないパン屋」を書いて、沢山のご注文いただきま…

  7. 捨てないパン屋2「手を抜く」

     手を抜くことによって、僕も喜び、お客も喜び、そして、パンは残らなくなった。…

  8. お金がジャマする

    捨てないパン屋4 「お金がジャマする」

    フランスから帰国して店を再開するとき、人の雇い方も変えることにした。僕は、良い人ではない。…

コメント

    • Levi
    • 2017年 4月 09日

    こんにちは

    いつも楽しく読ませていただいています。
    日本って忙しすぎますよね。
    私はスーパーの肌着売り場で働いていますが、お客様を待たせると怒鳴られたりします。
    なのに、自分の必要なことを伝えなかったりします。
    お会計でこちらが訪ねても頷くだけで一切しゃべらないお客様もいらっしゃいます。
    私はフランス人と同じ気持ちで目の前のお客様に集中します。
    (お会計中に横からしゃべりかけてくるお客様もいらっしゃいます)
    そして、むっつりしていたお客様に笑顔で帰っていただけるよう心がけています。

      • ドリアン田村
      • 2017年 4月 23日

      お客さまは神様です。
      というフレーズが、逆に、店員とお客さんの間をドライにしてしまった気がしますね。
      やっぱり、お互いに気持ちよく会話したほうが、
      その後の一日も違いますもんね。
      それが沢山のシーンで行われていたら、社会全体では大違いです!

    • はる
    • 2017年 4月 10日

    初めまして。
    京都のはるです。
    パンを先週 注文させて頂きました。
    そろそろ来る頃かな と楽しみに待っています。
    昨日 チーズとジャム何種類か買ってきました。
    どれが合うか楽しみです。
    忙しがり屋の私が のんきに楽しく待っています。
    運転の仕事をしているのでワイン飲めませんので コーヒーか紅茶か そんなことも楽しみに待っています。
    ゆっくり待つ そんなのもいいですね。

      • ドリアン田村
      • 2017年 4月 23日

      初めましてー。
      ゆっくり待って頂いてありがとうございます!
      パンたちも日持ちするので、
      これまたゆっくり食べて頂けたら喜びます(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP