menu

スペイン巡礼北の道31日目〜ペドロウサ

7時出発

犬と巡礼してる人もいる。

フランス人の道と合流したので、人たくさん。

道幅広い。

道端のベリもくい尽くされてます。

北の道は宿問題熾烈だったけど、

静かに歩けたのはよかったんだな。と、今では愛おしい北の道。


荷物重いのも、

軽い方がいいけど、それではゴハン美味しく食べるためには、重い方がいいし。。

この写真のスペイン人はベビーカー引いてて、それは大変過ぎそうだけど。。

9時30分

休憩

今日は短めなので、

もう着きそう。

ものたりません。。

サンティアゴまでのこり40キロちょいなので、

1日では長過ぎ、

二日間では短すぎ、

という微妙な距離。

朝食セット1人前4.5ユーロ

サンティアゴ近くなったので高くなってきました。

少し前だと、2ユーロ代でした。

この辺りは、

道沿いにカフェがゴロゴロ。

数日前までのカフェ難民の頃が懐かしく思い出されます。

巡礼者は次々来るので、

潤ってるでしょうね。

チョコクロワッサンを食べましたが、専門外なので何とも思いませんでした。我ながら、本当にパン屋に向いてます。ブレません。

途中から、スペイン人夫婦と話しながら歩いた。

やはり、スペイン人と日本人は気があうと思う。。

巡礼で出会う各国の人々あるあるを話しあったのですが、、、全部同じで、そうそう!と盛り上がりました!!

あくまで巡礼中の印象で、彼らが言ってて、そうそう、と思ったことですよ。。

ドイツ人はフレンドリーでない。挨拶しない。会話盛り上がらない。

フランス人はちょいクール。

イタリア人は軽すぎる。飲みすぎる。男が。

巡礼でのはなしですよ。でも、寝起きを共にして、一月近く生活するので、その傾向は見えてきます。いろんな国の人がいるので、同時に比較もできてしまう。。

天気が性格に関係してるんだろうねー。と、自分たちも考えていたのと同じこと言ってました。

今回の北の道は特に、ドイツの人が多くて、半分以上。

普通に考えると、触れ合う機会も多そうなのだけど、結局、ほとんどふれあいませんでした。

写真のドイツの家族も挨拶はなく。。。やはり、固いイメージが。。

反面、スペインの人は、二回会えばもう友達で、ニコニコワイワイ、アミーゴアミーゴと楽しい時間を過ごせたのは彼らのおかげです。

スペインの人は人懐こいし、人生を楽しんでます。

寂しくなったら、バレンシアのバルに行けばよい。いつでも話し相手いるから、と言ってました。

日本人は最初に行くヨーロッパにスペインを選ぶと、だいぶん楽になると思います。

うちの奥さんも、フランス生活で、若干やられてましたし、フランスでなくてスペインだったら、もっと楽しく会話できてた、と言ってます。自分もそう思います。

よい悪いでなくて、国の相性の問題だと思います。

パンをはじめとして、食文化は、気候の影響が絶大です。だいたい、同じぐらいの温度帯であれば、同じようなものを美味しいと感じます。

それは、個人がどうこう抗えるものではありません。もっと大きな流れです。

自分達にできるのは、その流れとどう戯れるか。

それは、人同士でも同じなのではないかな、と、前回の一年間のフランス生活とその後の一回目のスペイン巡礼で思ってました。

今回の巡礼でもまた、そんなことを考えながら歩きました。そして、ほぼ確信を持ちました。

もっと気候に目を向けて海外と付き合うべきだ。

スペイン人夫婦との会話に盛り上がりすぎて、30分ぐらい、目的地を過ぎてた。。気付いてあわてて彼らと別れて引き返して、


猫とか横断歩道とかを超えて。

12時半

ペドロウサ着、

rem hostelへ。

ここも、綺麗です。


速攻で風呂洗濯を済ませます。

洗濯はもうプロフェッショナルです。

今日は30度越え、

洗濯もすぐ乾きそう。すぐ昼ごはん。

ここは、勝負どころ、ミッションなので、気合い入ります。

カフェバル ペドロウサへ、


やはり、ちょっとした町のカフェバルでも、

パンがものすごく美味しい。

ガリシアは最初もおいしかったけど、皮は美味しいけど、中身が自分達には少し乾き気味だった。が、

ここにきて、一昨日ぐらいから、

グッと、給水が上がって、

しっとりタイプ、

皮は層に、

ひきはなく、

にかわってきた。

美味しいです!!


中身が蒸しパンみたい。

裏の感じでは、

整形して焼くまで、そんなに時間が経ってない。粉も香りよい。ずっと食べていられます。


そろそろ、肉収めかー、と、ガリシア名物、

チュレタ ド テルネラ。子牛を焼いたの。ほぼ刺身状態で出てきます。わかってます。

肉1キロ、サラダ、パン、ワインボトル、で、1人、2千円しません。17ユーロ。

ちなみに、

ビールのコップは、

キンキンに冷えてる。凍ってる。

分かり合える文化です。

こういうのは、ドイツ、フランスでは見ません。そう、気候が暑くないから。

気候なのです!

重ね重ね言いますが、良い悪いでなく。相性の問題なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スペイン巡礼北の道30日目〜アルズア

スペイン巡礼北の道32日目〜サンティアゴ「二度目の巡礼ゴール!やはり旅すればパンの腕はあがる」

関連記事

  1. スペイン巡礼11日目

    スペイン巡礼11日目曇昼から晴れ…

  2. スペイン巡礼フランス人の道1日目〜Roncesvalles 景色…

    今日の旅のパン↑やっぱり、旅で食べるパンはうまい。【2013年6月4日(水)ピレネー峠にて】…

  3. スペイン巡礼の旅北の道15日目〜ヌエバ

    昨日祭りで遅くまで飲んだので、30分遅く起きて、6時半出発。昨日買った、チョリソのパンを食べ…

  4. スペイン巡礼21日目

    El burgo rareno-villarente 26km過去最高に寒…

  5. スペイン巡礼20日目

    6,23日曜日Sahagun-el bungo rane…

  6. パンの穴から世界を見た⑧/タコのおじやの国

    (『中国新聞』6月27日掲載)(タコのおじや。ポルトガル)ポルトガル。ずっとこの国に来たかっ…

  7. パンの穴から世界を見た③

    パン屋と言語の関係  (『中国新聞』5月23日掲載)ベルギーの首都ブリュッセル。ここから「ル・…

  8. スペイン巡礼北の道22日目〜ヴィラペドレ

    カダベドからビラペドレ8時半早めのカフェ休憩。ホテルcaneroの一階にあるカフェ。ホテル…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

PAGE TOP