スペイン巡礼北の道13日目〜サンヴィセント


今日も5時起き。ドラクエに出てきそうな中世の佇まいの宿屋で、出発の準備。

これまたドラクエに出てきそうな丸い主人がいる。


すごい霧。

ヘッドライトで進む。
カタツムリが沢山いる。

昨日瓶詰めになっているのを見て、

やっぱり食うのか。

と思っていたやつと同じ柄だった。


霧の中、

古い家が残ってる地区を進む。
牛や羊の種類が変わった。


パン屋発見。

薪窯だった。
皮がサラダせんべいみたいで、サクサク、

中はフワフワで、ひきなくて、

グルテン弱そう。、こなかな。

焼きたてなら一本食べれそう。

食べた。

でも、

パン屋の親父が遠回りを教えてくれたので、

海までまよいこむ。
非常な矢印、

まっすぐなら平坦ですぐな道を、

海まで降らせ、登らせる。

しかも、教会よりも、観光スポットを回らしている気さえ。。
北の道は修行です。
そして、

今日もカフェ難民。


本来なら絶景ビュースポットの、裏カミーノも、何も見えません。
10時にキャンプ場のカフェでやっと休憩。

ベーコンとチーズのボカディージョを頼む。

ベーコンは焼いた厚いのが3枚もはいっていて、チーズもドン。軽いバゲットで、キャンプ場の食堂のクォリティとしては、すごいです!
今日は、

いらんなキャラと一緒にえるいた。

トム、アドリアン、

の高校生2年コンビとずっと歩いた。

トムは、特別な歩き方をおかあさんから習ってるらしく、1日100キロ歩けるらしいです!!

audaxていう方法らしいんですけど、

誰か知ってますか??

検索しても日本語では出てきません。
そして、途中からミシガンのアメリカンが加わり、ワイワイとアルベルゲを目指しました。


san vicenteサンヴィセントのアルベルゲ、

el galeon rilgrims hostel

に無事に全員ベットを得て一安心。

4時半から、

リンゴの酒、シドラが飲める、シドレリアへ!

シドラは高いところから注いで泡立てて、スパッと飲みます。なので2人でもコップは1つ。

魚介もあってテンションマックス!
やはりこの地域の特徴的な、

サラダせんべいタイプのバゲットと、

シドラと、

貝を焼いたの。

いいです。

シドラボトル、3.5

navaja マテガイ8.5

zambrina ホタテ16

パン 1

ホタテ結構値段しました。調子に乗りすぎました。
でも店員さんは、ほんとスペインでどこにいってもですが、いい人でした!


ここは、観光地で、沢山観光客きてて、飲食店も沢山あるのに、海が超綺麗です。町の周りに干潟が広がっています。満潮の時は結構水深あるほど水で満たされる風景ですが、干潮になるとすっかり水がなくなって、見事な干潟が広がりました。

こんな景色がまだ残ってるなんて素敵です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。