客のいないワイン会

thumb_IMG_0125_1024
この会は、
ワインやチーズやその説明うんちくを準備する講師達も、
ドリアンの私達も、

参加費を払います。

だから、

だれもお客さんでないのです。

おもてなしはしますが、

大切な友人を家に招いた感じです。

なので、
自分たちスタッフ側も、大いに飲んで、勝手にしゃべり、
終始笑顔です。

ぜんぜん気使ってません。。

でもそれだから、
常連さんはもちろん、
最初は緊張気味だった初参加者も、

笑顔でワイワイなってくれている。

1つの長テーブルを全員で囲む。
ガヤガヤ話し声や、

皿やグラスがぶつかる音。

大家族の頃のDNAに働きかけるのか、
なんだか、

幸せな気分になってくる。

みんな楽しい。
楽しい空気が漂うところには、

きっとまたお客さんは来てくれる(ハズ)。

thumb_IMG_0141_1024

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

捨てないパン屋2「手を抜く」

捨てないパン屋3「ひつじのおかげ」

関連記事

  1. 店作り

     大学生の頃、「自転車部」でした。自転車に荷物をくくりつけ、旅する部活でした。 そんな旅…

  2. 大人の足音

    2才の甥っ子が、ベビーカーでねむっている。明日から忙しくなるので、姉が手伝いに来てくれている…

  3. フランス美人と文通

    「石窯で焼く天然酵母パン-ドリアン」 フランスに手紙を書く事にした。 そう、 あのポワラーヌの…

  4. サクラ咲く

    高校受験は一発勝負だから、大学受験よりシビアだったりする。ーーーーーーーーーーーーーーーさき…

  5. ぽかぽかの日に

    昨年末、お世話になっている方へ、出産祝いの、タイを贈った。「タイと同じ大きさだったよ〜」と…

  6. ドリアンに新人がきた

    「石窯パンのドリアン」 ドリアンに新しいスタッフが入った。 福岡からパン屋巡りの旅の果てに、 …

  7. 精肉店とモンゴルとやさしい共通点

    (↑羊を解体中のバヤンムンフ君)映画「ある精肉店のはなし」を見にいきました。牛を自ら飼育して、…

  8. 迷った時は

    大学生時代、私思いました。授業を受けるのもいい。図書館で本を読むのもいい。しかし、山でごろ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

<載せて頂いてる本>
<載せて頂いてる本>
PAGE TOP