旅するパン屋のたき火を囲んで眠るような話

捨てないパン屋

僕が唯一、
ドリアンで誇りに思っていることは、
パンを捨てないところ。

例えば、
昨年秋から年が明けた今日まで、
毎日たくさんパン焼きましたけど、
1つも捨ててません。。

「捨てないパン屋」
になろうと思ったのは、
まだ菓子パンもやっていた10年前。

その頃、
モンゴル人の友人がうちにホームステイしていて、
その子が、
「パン捨てるのはおかしい」
「安売りすれば?誰かにあげれば、?」と言いました。

「できないよ。そりゃ俺だって一生懸命作ったもの捨てたくないよ。」と僕。

「でも、やっぱり食べ物捨てるのおかしいよ。」

「できないよ。配って歩く時間もないし。」

と言い合いになって。
最後は、、

「日本じゃ、しょうがないんだよ!」
と声を荒げてしまった。

すごく、自己嫌悪だった。
泣きたかった。
正しいのはその子の方なんだ。
日本がおかしいんだ。

食中毒にうるさい現代、
残った菓子パンを、次の日売るとか、だれかにあげることはできない。

だったら、菓子パンはやめるしかない。
あんパン食べたかったら、
自分で餡子をはさんでもらえばいい。
そう、自分に言い聞かせてやめた。

僕は何億円パンを売ろうとも、
ドカドカパンを捨てるのであれば、
何の価値もないと思う。

今まではしょうがなかったかもしれないけど、
今からはほんとうに許されない。
時代がかわったのだから。

中川さん(十勝で素晴らしい麦を作っている農家さん)の粉「カムホ」を使った時。
「売れ残ったら、全部送ってください。買いますから。」
と言われた。

農家さんがどれだけ思いを込めて、
我が子のように麦を育てているのか、
わかってたつもりだったけど、
わかってなかったかもしれない。

海外の粉をドカドカ使っていたら、
こんなこと一生わからなかった。

雨の日メイツや、
堀越→八丁堀→トルヴェールのリレー販売、
グリーンブリッジさん、
のおかげでなんとか売り切っています。。
それでも残ったらラスクです。

ネット店もありがたいです。
予約だから当然捨てません。
が、ネットはけっこう上がり下がりがあります。
そこで、定期購入がはじまりました。

定期のお客様、今は100人です。
もしこれが1000人であれば、
例えば、
店売りやめても、豊かに暮らしていけます。
パンを1つも捨てることなくです。

ということは、

一億人に嫌われても、
1000人のお客様の為に全力でいいもの焼けば、

暮らしていける時代が、
もう来ています。
買う方も売る方もそれでいいと思います。

マスコミの時代も終わり、
みんなが一緒の時代ではなくなったのですから。

捨てないパン屋を目指すには、
ありがたい時代です。