パン屋の個性についてー(秋の夜長シリーズ)

  
 個性というものは、
 河原に転がっている、
 小石のようなものだ。
 個性を磨く、
 ということは、 
 うまれ持った小石を、
 やわらかい布で磨きつづけていく作業のことだ。
 ざらざらの石を、
 磨き続けてゆく。
 先回りしようと、
 色を塗ったところで、
 雨が降ると流れ落ちてしまい、
 やっぱり磨きつづける他にない。
 引き算のようで、
 本当の足し算。
 そういう、
 個性的なパンを目指して、
 日々、頑張っています!
「石窯で焼く天然酵母パン-ドリアン」

4 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    そう、そうなんだよね!
    秋の夜長、コーヒーと共に熱く語り合った後
    また一人で感動していました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。